将棋NOTE

詰将棋や自戦記をゆるっと発信

MENU

次の一手Part5(ゴキゲン中飛車)

今回は、対ゴキゲン中飛車の将棋を考察します。 下図の局面は、飛車角交換が行われた後、後手が△3一歩と打った局面です。これは先手の飛車を打つスペースを制限するのが狙いです。 あまりじっくりしていると、後手から△2七角と打たれ、馬を作られてしまい…

対局解説Part17(陽動振り飛車)

今回は、対陽動振り飛車の一局を解説します。 序盤は相居飛車の形でしたが、相手の方が途中から中飛車で来たので、こちらも中央を厚くする駒組みに切り替えました。 下図は▲6五歩と突かれた局面です。△同銀は▲5四歩が厳しいので、この歩は取れません。実戦…

対局解説Part16(角換わり)

今回は、角換わりの対局を解説します。 相手の方は最近流行りの腰掛銀ではなく、四間飛車で迎撃する作戦でした。対早繰り銀の将棋でたまに見かける形です。 下図は△3五歩と突かれた局面です。▲3五同歩とすると、△3六歩、▲同銀、△5四角が厳しいと思いこみ…

次の一手Part4(相振り飛車)

今回は、相振り飛車の将棋から次の一手を考察します。 序盤早々に大駒の交換が行われ、駒組みの段階に入っている局面です。下図では、後手が△4四銀と上がりましたが、やや危険な一手でした。相手陣は隙がなさそうに見えますが、ここで気づきにくい好手があ…

次の一手Part3(角交換振り飛車)

今回は、角交換振り飛車の対局から次の一手を考察します。 相振り飛車のような局面ですが、下図は居飛車側が飛車を8筋に転回し、玉頭攻めを行っている局面です。 ▲8四銀や▲8四飛では単純に△8三歩と受けられ、攻めが続きません。ここで、攻めを厚くする好…

5手詰めPart14

解答を表示 解 答 ▲9三銀 △同玉 ▲8五桂 △8四玉 ▲7五金 までの5手詰め

次の一手Part2(角換わり腰掛銀)

今回は角換わり腰掛銀の中盤戦から出題です。 下図は先手が猛攻を仕掛けている局面ですが、やや攻めが細いのが気になるところ。▲6三金は同玉、▲4五桂は△3二金と引かれて続きません。 一見、先手の攻めが切れているように見えますが、ここで気づきにくい好…

次の一手Part1(相掛かり)

今回は、将棋倶楽部24の実戦例から「次の一手」を考えたいと思います。 下図は相掛かりの将棋で、先手が▲4四角としてきたところです。(先後逆) △4四同銀とすると、▲3二飛成と龍を作られていけません。放っておくと、次に▲5三角成や▲1一角成がありま…

対局解説Part15(相矢倉)

今回は将棋の純文学とも言われる矢倉の一戦を解説します。プロの棋戦でも矢倉は健在で、よく指されているのを見ます。 下図は▲6三角と打たれた局面です。自玉はまだ安全ですが、次に▲7四角成から上部を手厚くされると、こちらの攻めが頓挫する恐れがあるの…

5手詰めPart13

解答を表示 解 答 ▲4二飛 △同金 ▲1二角成 △同玉 ▲2三銀 までの5手詰め

対局解説Part14(三間飛車)

最近は三間飛車党と対局することが増えました。プロの棋戦でも度々登場するので有力視されているのだと思います。 今回は居飛車穴熊VSダイヤモンド美濃で、互いに玉の固さを主張する将棋になりました。「開戦は歩の突き捨てから」ということで、数手前に歩を…

対局解説Part13(角交換振り飛車)

今日は角交換振り飛車の一局を解説します。 下図は飛車先の歩を交換し△2三歩と打たれた局面です。(なお、盤上の角は序盤で交換した後、互いに打ち合ったものです。) 実戦では▲2八飛、△7五角、▲4三角成、△同金、▲2三飛成と2筋突破に成功しました。角…

5手詰めPart12

解答を表示 解 答 ▲7一角成 △同玉 ▲5三角 △6一玉 ▲6二飛成 までの5手詰め

対局解説Part12(右玉)

今日は対右玉の将棋を解説します。 まずは序盤戦から。下図は非常に手が広い局面です。私はここで▲6八銀としました。将来、相手の桂馬が8五や6五に跳ねたときに、銀に当たるのを避けた意味があります。 以下、△4四銀、▲6七銀、△8五歩、▲7七桂と進みま…

5手詰めPart11

解答を表示 解 答 ▲1一角成 △2三玉 ▲1二馬 △同玉 ▲2二金 までの5手詰め

対局解説Part11(三間飛車)

今日は対三間飛車の一局を解説します。 こちらの居飛車穴熊に対して、相手の方は序盤から動いてきました。図は居飛車やや有利の局面です。実戦では△4五歩と拠点を作りましたが、これがあまり良くなかったようです。 以下、▲1五歩、△同歩、▲1三歩、△同香、…

3手詰め(Part10)

解答を表示 解 答 ▲4三桂 △4一玉 ▲5三桂 までの3手詰め

3手詰め(Part9)

解答を表示 解 答 ▲1二角成 △同玉 ▲2三金 までの3手詰め

対局解説Part10(三間飛車)

今日は三間飛車の対局を解説します。三間飛車と言えば、石田流が有名ですね。振り飛車側のさばきをどう食い止めるかが重要です。 下図は中盤から終盤になろうかという局面です。ここで飛車を逃げているようでは攻めが遅れていけません。 この局面では▲3三成…

対局解説Part9(角換わり腰掛銀)

今日は角換わり腰掛銀の対局を解説します。私が先手番だったので、積極的に仕掛けていきました。 図は△5四桂と銀取りに打たれた局面です。受けに回る手も考えられますが、持ち駒が豊富で飛車先も通っているので、攻める手を考えました。 上図から▲4三歩(…

対局解説Part8(レグスペ)

今日はレグスペとの対局を解説します。レグスペとは「白色レグホーンスペシャル」の略称で、角交換振り飛車穴熊のことを指します。 図は△2二飛と飛車交換を挑んできた局面です。相手の固い穴熊に対して、こちらはバランス重視の陣形なので、飛車交換はリス…

対局解説Part7(早繰り銀)

今日は前回に引き続き角換わりの将棋を解説します。相手の方の早繰り銀に対し、こちらは腰掛け銀で対抗しました。 新年早々、序盤で銀損するというミスをしてしまい、この局面はすでに敗勢です。図からは▲3三歩、▲4五桂、▲7四歩など様々な攻め筋があり、…

対局解説Part6(相穴熊の攻防)

今日は相穴熊の対局を解説します。相手の四間飛車穴熊に対して、こちらは居飛車穴熊で対抗しました。 図は相手の方が▲6四歩と突いてきた局面です。一見すると、玉から遠い場所のように思えますが、こちらにはそれを上回る速い攻めがないので、充分間に合う…

対局解説Part5(歩の手筋)

本日は、今年大流行した角換わり腰掛け銀の対局を解説します。 下図は、馬を作って若干こちらが指しやすいかなという局面です。歩が2枚手持ちにあるので、それらを使って攻めていきたいところです。 「飛車」や「角」を取られるのは怖いですが、「歩」を取…

対局解説Part4(駒の損得より速度)

今日は相居飛車の対局を解説します。相手の方の雁木に対して、こちらは急戦を仕掛けていきました。 互角の中盤戦が続き、図は▲9五角と打たれた局面です。ここで飛車を逃げると相手の攻めが加速するので、△6八飛と攻め合いを選択しました。 △6八飛以下、▲…

対局解説Part3(桂先の玉)

今日はゴキゲン中飛車との一戦を解説します。 図は難解な中盤を抜け出し、終盤を迎えた局面です。こちらは龍を作ることに成功しましたが、自玉が薄いのが怖いところ。 △4七歩、△4七銀、△2六桂など様々な手が浮かびましたが、実戦は△2六桂を選択。しかし…

対局解説Part2(銀ばさみ)

今日も将棋ウォーズの実戦を解説します。戦型は現在プロでも流行している角換わりになりました。 図は角銀交換で駒得なのですが、玉の固さは相手の方が上です。さらに角頭に銀を打たれ攻め込まれているので、正確に受ける必要があります。角をどこに逃げるの…

対局解説Part1(寄せは俗手で)

ネットでの対局は主に「将棋倶楽部24」を利用していますが、最近ようやく「将棋ウォーズ」を始めました。無課金の状態でも1日3局までなら無料で指せます。ということで早速指してみました。 図は角換わりの終盤戦。▲5八金と打たれましたが、この局面で…

3手詰め(Part8)

解答を表示 解 答 ▲2二香成 △同角 ▲2三桂 までの3手詰め

5手詰めPart10

解答を表示 解 答 ▲5二金 △同金 ▲7一銀 △7二玉 ▲8二香成 までの5手詰め