将棋NOTE

詰将棋や自戦記をゆるっと発信

MENU

対局解説Part7(早繰り銀)

今日は前回に引き続き角換わりの将棋を解説します。相手の方の早繰り銀に対し、こちらは腰掛け銀で対抗しました。

f:id:Rook27:20210101112248p:plain

新年早々、序盤で銀損するというミスをしてしまい、この局面はすでに敗勢です。図からは▲3三歩、▲4五桂、▲7四歩など様々な攻め筋があり、受けきるのは困難です。

実戦では、▲7四歩、△同銀、▲7五歩、△6五銀、▲6六歩、△7六銀、▲7四歩と進みました。受け続けていても埒が明かないので、△7七歩と攻め合いに活路を求めました。その後、相手にもミスが出て形勢不明のまま最終盤へ。

f:id:Rook27:20210101115954p:plain

▲6九金と打たれた局面ですが、龍を逃げれば勝機を逃します。ここでは、△6七桂が好手。▲4八玉と逃げれば、△6九龍以下詰めろが続くので勝ち。

実戦は△6七桂、▲同金、△同成銀、▲7九金、△5八金と進み、逆転勝利を収めることができました。

劣勢な将棋を挽回するのは大変ですが、優勢な将棋を勝ち切るのもまた難しいことです。いずれにせよ序盤は慎重な差し回しが求められますね。