将棋NOTE

詰将棋や自戦記をゆるっと発信

MENU

対局解説Part13(角交換振り飛車)

今日は角交換振り飛車の一局を解説します。

下図は飛車先の歩を交換し△2三歩と打たれた局面です。(なお、盤上の角は序盤で交換した後、互いに打ち合ったものです。)

実戦では▲2八飛、△7五角、▲4三角成、△同金、▲2三飛成と2筋突破に成功しました。角銀交換で一時的には駒損になりますが、7五の歩を取らせたことで、歩を数枚持てば7筋からの攻めが有効になります。

(ここでは▲4三角成と踏み込む順も有力でした。)

f:id:Rook27:20210113220828p:plain

じわじわと優位を拡大し、下図の局面を迎えました。やや手数はかかりますが、相手玉に詰みがあります。正解の一例を示すので、ぜひ考えてみてください。

f:id:Rook27:20210113221514p:plain

解答を表示
解 答 ▲7四香、△8四玉、▲8五香、△同玉、▲8六飛、△7四玉、▲7二龍、△7三香、▲8三飛成、△6五玉、▲6三龍、△6四歩、▲6六銀  までの15手詰め