将棋NOTE

詰将棋や自戦記をゆるっと発信

MENU

対局解説Part15(相矢倉)

今回は将棋の純文学とも言われる矢倉の一戦を解説します。プロの棋戦でも矢倉は健在で、よく指されているのを見ます。

下図は▲6三角と打たれた局面です。自玉はまだ安全ですが、次に▲7四角成から上部を手厚くされると、こちらの攻めが頓挫する恐れがあるので、このタイミングで攻めることにしました。

下図から△6九角、▲2八飛、△7八角成、▲同玉、△8五飛として、やや強引ですが8筋突破を目指しました。自玉が固いので、多少駒損をしたとしても攻めがつながれば勝てるという大局観です。

f:id:Rook27:20210125224420p:plain

また、上図では△8五飛と走る変化も有力でした。以下、▲7四角成、△8七歩成、▲同金、△同飛成、▲同玉、△6九角と王手飛車取りがかかり、後手優勢となります。

終盤では寄せを少し間違えて、形勢が怪しくなった場面もありましたが、下図の局面から△5九龍と迫って何とか勝ち切ることができました。

f:id:Rook27:20210125225921p:plain

ただ、上図の局面では△6五桂から先手玉に長手数の詰みがあったようです。今回の対局では終盤のミスが目立ち、逆転されている局面もありました。優勢な将棋を勝ち切れるように、安定した終盤力を身につけます。