将棋NOTE

詰将棋や自戦記をゆるっと発信

MENU

対局解説Part15(相矢倉)

今回は将棋の純文学とも言われる矢倉の一戦を解説します。プロの棋戦でも矢倉は健在で、よく指されているのを見ます。

下図は▲6三角と打たれた局面です。自玉はまだ安全ですが、次に▲7四角成から上部を手厚くされると、こちらの攻めが頓挫する恐れがあるので、このタイミングで攻めることにしました。

下図から△6九角、▲2八飛、△7八角成、▲同玉、△8五飛として、やや強引ですが8筋突破を目指しました。自玉が固いので、多少駒損をしたとしても攻めがつながれば勝てるという大局観です。

f:id:Rook27:20210125224420p:plain

また、上図では△8五飛と走る変化も有力でした。以下、▲7四角成、△8七歩成、▲同金、△同飛成、▲同玉、△6九角と王手飛車取りがかかり、後手優勢となります。

終盤では寄せを少し間違えて、形勢が怪しくなった場面もありましたが、下図の局面から△5九龍と迫って何とか勝ち切ることができました。

f:id:Rook27:20210125225921p:plain

ただ、上図の局面では△6五桂から先手玉に長手数の詰みがあったようです。今回の対局では終盤のミスが目立ち、逆転されている局面もありました。優勢な将棋を勝ち切れるように、安定した終盤力を身につけます。 

 

対局解説Part14(三間飛車)

最近は三間飛車党と対局することが増えました。プロの棋戦でも度々登場するので有力視されているのだと思います。

今回は居飛車穴熊VSダイヤモンド美濃で、互いに玉の固さを主張する将棋になりました。「開戦は歩の突き捨てから」ということで、数手前に歩を突き捨てた効果で、下図の局面では2,4,6筋で歩が使えるようになっています。

さて、実戦では▲2三歩と垂らしました。これを放っておけば、▲2二歩成~▲2三とのような確実な攻めがあるので、相手の方は△3六歩と決戦を挑んできました。

これに対して、▲同飛、△同飛、▲同歩、△4六歩、▲4八歩と進みました。(▲2三歩の局面では▲2四歩のほうがやや良かったようです。)

f:id:Rook27:20210114232913p:plain

さて、飛車交換をした後、相手の端攻めを逆用して下図の局面を迎えました。

実戦では▲8三成香、△同玉、▲9三飛、△7二玉、▲7三香と進みました。これでも居飛車優勢でしたが、その後なかなか決め手を発見できず逆転されてしまいました。

実際は▲8三成香よりも明快で、相手玉を一気に寄せる手順がありました。

f:id:Rook27:20210114232947p:plain

正解は、▲7三香、△同角、▲8三成香、△同玉、▲9三飛という5手1組の手順です。角を7三におびき出してから、成香を捨てるのがポイントです。これが実戦で指せたら爽快ですね。また次の対局に向けて精進します。

対局解説Part13(角交換振り飛車)

今日は角交換振り飛車の一局を解説します。

下図は飛車先の歩を交換し△2三歩と打たれた局面です。(なお、盤上の角は序盤で交換した後、互いに打ち合ったものです。)

実戦では▲2八飛、△7五角、▲4三角成、△同金、▲2三飛成と2筋突破に成功しました。角銀交換で一時的には駒損になりますが、7五の歩を取らせたことで、歩を数枚持てば7筋からの攻めが有効になります。

(ここでは▲4三角成と踏み込む順も有力でした。)

f:id:Rook27:20210113220828p:plain

じわじわと優位を拡大し、下図の局面を迎えました。やや手数はかかりますが、相手玉に詰みがあります。正解の一例を示すので、ぜひ考えてみてください。

f:id:Rook27:20210113221514p:plain

解答を表示
解 答 ▲7四香、△8四玉、▲8五香、△同玉、▲8六飛、△7四玉、▲7二龍、△7三香、▲8三飛成、△6五玉、▲6三龍、△6四歩、▲6六銀  までの15手詰め

対局解説Part12(右玉)

今日は対右玉の将棋を解説します。

まずは序盤戦から。下図は非常に手が広い局面です。私はここで▲6八銀としました。将来、相手の桂馬が8五や6五に跳ねたときに、銀に当たるのを避けた意味があります。

以下、△4四銀、▲6七銀、△8五歩、▲7七桂と進みました。

▲6八銀の他には、▲2九飛という手があります。これは、将来△3九角と打たれる筋を消すのと同時に、9筋からの端攻めを狙いに秘めている一手です。

f:id:Rook27:20210110184604p:plain

続いて中盤戦を見ていきましょう。

下図は端を攻められて△9八角と打たれたところです。対局中は互角ぐらいかなと思っていましたが、実際は先手優勢(+1441点)のようです。形勢判断の難しさを再認識しました。

実戦では▲6九角と相手の狙いを消して、端を逆襲していきました。しかし、それよりもさらに良くなる順があったようです。

f:id:Rook27:20210110181148p:plain

ソフトの推奨手は、▲9四歩。8筋を受けないという発想は全くありませんでした。

▲9四歩に△8七角成は、▲9三歩成、△7八馬、▲同銀が変化の一例。次に△8八飛成としてきても、▲8三角と打てば竜を消すことができます。右玉から飛車がいなくなれば一気に囲いは弱体化します。

▲9四歩に△8七飛成は、▲同金、△同角成、▲7八銀、△9七馬、▲4一飛と進めて先手優勢です。

実戦では、▲6九角、△8九角成、▲9四歩、△9八馬、▲9三歩成、△9七馬、▲9二歩と進み、勝ち切ることができました。